スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンギンアップデートでのペナルティ・リカバリ方法?

大幅にアルゴリズム更新されたといわれるペンギン・アップデート4.0(?)で、ペナルティを受けたと思われるサイトのリカバリに成功した・・・かな?ということで、「?」付きですが、リカバリ方法を・・・。


ペンギンアップデートからのリカバリって簡単で、要は前から変わらず


 ペンギンアップデートのアリゴリズムでNGとされたリンクを外せ


ということです。



なんで?って言われたら、だって、マイナスなんだもん、ということですね(笑)


ペンギンアップデート4.0の内容ってまだわかりませんが、NG判定アルゴリズムの内容は変わらず、単にリアルタイム化をしただけなんかな?という感じですね。


基本的にNGのリンクパターンは変わらないというか緩めるわけにはいかないだろうから、チェックとリカバリの頻度を上げてネガティブSEOerから善良なサイトオーナーを護るという方針なのかもしれません。



あ、あと、公式発表であった「影響範囲を狭める」というのは、本当ですね。

今回影響あったのは、NGパターンのリンクのキーワードのみでした(恐らく)



ペンギンアップデートのリカバリ対策として具体的な作業内容は?


で、具体的なリカバリ作業内容ですが、基本は手動ペナルティの解除と一緒です。


  1. サーチコンソール、GRC等で状況把握
  2. リンク精査
  3. 否認すべきリンクをまず否認
  4. 削除できそうなリンクは可能な限り削除
  5. 削除できた分は、URLを再クロール


ということです。


サーチコンソール、GRC等で状況把握


まずは、サーチコンソールやGRCで状況確認ですねー・・・。


今回の場合は、ペンギンアップデートが始まったと思われる2016年09月13日頃から、順位が急落しました。


当時は大変動連発だったので、とりあえず様子見でお願いしたのですが、21日に一旦戻ったものの、翌日からは、また再度下落傾向を見せ、10月に入ってからは完全に圏外旅行。


これは、ペンギンにやられたな・・・と思って、リンク精査をやります、と連絡しました。


サーチコンソールで確認できるサイトのアンカーテキストと順位を確認したところ、外部リンクで多数受けているキーワードは1位のままで、圏外旅行へのキーワードだけが影響うけていそう、というところまで認識しました。


リンク精査をする


で、リンクを1本1本見ていったのですが、ちょっとやばめのリンクがついていることが判りました。


ブログだったので、カテゴリとか年月アーカイブとかのページからもリンクもらうことになるので、合計で100本もないくらいの本数だったのですが、なんとなく影響してそうな雰囲気でした。


お客さんから対策会社に連絡取ってもらって、「今回のペンギンアップデートで御社で対策された他のサイトの順位はどうですか?」と聞いてもらったんですが、いきなりリンクを削除してくれました。



一度、ざっとリンクの概観みて、できれば削除したい一覧に入れてから、再度リンクの精査に入ったのですが、2回目の精査中にページが削除されたのでびっくりしました。


この時点では、本当にNGかどうか判らんので置いといて欲しかったのですが、まぁ、しょうがない。


ということで、リンク精査をやりきって、やばそうなリンクは否認しました。



否認すべきリンクをまず否認


各種ペナルティアルゴリズムの影響を受けないために、基本的には怪しいリンクは削除した方が良いです。


このあたりは自分でもあんまりはっきりと根拠づけられてないのですが、否認してページランクを渡さないようにしたとしても、アンカーテキストは残っているので、そっちで悪影響が残る可能性あります。


なので、基本は本当に削除してしまうことですねー・・・。


一刻も早く手動ペナルティを解除したい!という場合は、削除よりまず否認して再審査申請してから、ゆっくりと削除する、というのでもいいかと思いますが。


自動、手動ペナルティを外すには、「ページランクを操作する意図」を消す必要があるので、まぁ否認でもOKかと思いますが、否認は実際に効力発揮するまで時間が掛かりますので、できれば削除の方がいいんじゃないでしょうか?


削除できそうなリンクは可能な限り削除


自分でコントロールできるリンクはいいんですが、そうでないリンクの削除には非常に時間がかかります。


なので、削除作業をやってる合間に、グーグルが勝手に効力を打ち消してくれる状況を準備(とりあえず否認)をした後は、削除にとりかかります。


ブログオーナーに連絡したり、相互リンク先の管理者に連絡したり、連絡とれない場合はブログ運営サービスに削除依頼したりと、めちゃくちゃ手間かかります。


昔のリンク程、消せないので苦労はすると思いますが、やる気になったときにやらないと中々実施できないので、徹底的にやる方がいいですね。


応じてくれるオーナーさんもいるし、全く削除できない、というわけでもありません。



削除できた分は、URLを再クロール


削除できた分は、早々にグーグルのインデックス、ペナルティアルゴリズムに反映してもらうためにサーチコンソールの「URLクロール https://www.google.com/webmasters/tools/submit-url」 を使ってクロールしてもらいます。


自分のサイトであれば、Fetch As Googleを使っても良いかと思いますが、大抵外部サイトかと思いますので、こちらを利用します。


サーチコンソールなどへのデータ反映は一定の期間が必要ですが、ペナルティやランキングはリアルタイムで計算してるそうなので、クロールされると、概ねすぐに反応が出始めると思います。


ただし、インデックスは履歴が残るので、削除したとしても昔の状態に戻された時には、悪い影響与えるケースはあります。


40本くらいなら、翌日にペナルティ解除


というような作業を昨日(2016/10/06)の夕方に終わったのですが、本日、とりあえず圏外旅行からは戻ってこられたようですね。


まだ、確実に安定するかどうかわからないのですが、ペンギンアップデート4.0はリアルタム処理、ということで、リカバリも早くなっている可能性あります。



こんな後ろ向きな手間かけるくらいなら、コンテンツの力でサイトを成長させて集客する方がいいんじゃないかなー・・・と思いますが、まぁ、それぞれ事情と考え方がお有りでしょうから、それは各自の判断でいいんじゃないでしょうかね。



あと、とりあえず順位は戻ってきましたが、一時的な状況かもしれませんし、確実に解除されたかどうかは、まだわかりませんので予めご了承ください。


まぁ、でも解除作業の手順的には変わりません。変わるのはNGリンクがどれか?の見極め部分だけです。


より多くのNGリンクを削除できれば、ペナルティは簡単に解除できる、ということですね。



以上です。


※質問ある方は、ツイッターFBにお願いします。







スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : ビジネス

VALID SEOのFC2別館について

VALID SEO

Author:VALID SEO
検索エンジンからの集客を研究しているVALID SEOのFCブログ別館です。

主にYahooやGoogleから売上までの導線の最適化(seo)に考えています。検索結果の一覧で上位表示をするためのSEO対策についても研究しております。

このブログでは、自社ブログやサイトに書くほどでもない「SEO対策」の軽い話題や、一部読者向けの「公開限定記事」が中心になります。
 
「公開限定記事」は、お客様や事業パートナー向けにしか公開しておりませんので悪しからずご了承下さい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
2863位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
701位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。