グーグルさんは、検索結果の内容が元に戻ったように見えるのはサーバーの同期のため、というけれど。

ペンギンアップデート4.0の導入が完了したと思われますが、ペンギン3.0のリカバリパートの処理が走っている間は、検索結果が不安定でした。

昨日と今日とでは検索結果が違うし、概ね8月下旬の結果に戻っていたりと変化が激しかったです。


その件については、グーグルさんの中の人が

 「接続しているサーバーの同期のズレだから気にすんな」

というようなこと言ってました。

当方的には、グーグルが何かアルゴリズムを新規に適用する場合は、ある時点にデータを戻して、そこから新アルゴリズムを適用しながら最新のクロール状況を取り込んでいく、と思っていたので、ちょっと衝撃でした。

確かに、同期のズレで検索結果が戻ったように見えるのケースもあるなぁ・・・と。



ただ、とっくの昔に削除してインデックスが無くなったページが突如検索順位の中に顔を出したりを経験したことがあるので、これは話半分で聞いておいた方が良いかなぁ?とも思います。


うち的には、グーグルは履歴を持っていて(これは事実)、時系列での変化の仕方でも検索結果の評価軸を持っていると思っています。

コンテンツの来歴を見る、ということですね。

更新されてきた頻度、更新で残ったコンテンツ、追加されたコンテンツ、削除されたコンテンツ、ついた外部リンクなどなど「そのURLに関する来歴」での評価もしてるんじゃないか?ということです。

こうすることによってオールドドメインのコンテンツにも対応できます。
(まぁ、ページランクが高ければ、コンテンツ評価がクリアされても、パワーありますけど・・・(笑))

来歴の評価を現時点のアルゴリズムでやり直しする、ということは他のシステムでもある(例えば、流通でいえば、売り場区分の紐づけを変更してカテゴリごとの売上を再計算するとか。)と思いますので、当たらずも遠からじかな?


グーグルの中の人も別に嘘ついてるわけじゃなくて、サーバーの同期のズレでも確かに検索結果が戻ったように見えるのですが、全部をしゃべってくれてるわけでもない、の典型かなと。


ま、こういうのは日々検索結果や順位、TOP100の移り変わり眺めて検証するしかないですねー。

何でもかんでも鵜呑みにせずに、自分で確かめていくしかないです。


かなり遠回りになる場合の方が多いですが(笑)








スポンサーサイト

テーマ : SEO対策
ジャンル : ブログ

VALID SEOのFC2別館について

VALID SEO

Author:VALID SEO
検索エンジンからの集客を研究しているVALID SEOのFCブログ別館です。

主にYahooやGoogleから売上までの導線の最適化(seo)に考えています。検索結果の一覧で上位表示をするためのSEO対策についても研究しております。

このブログでは、自社ブログやサイトに書くほどでもない「SEO対策」の軽い話題や、一部読者向けの「公開限定記事」が中心になります。
 
「公開限定記事」は、お客様や事業パートナー向けにしか公開しておりませんので悪しからずご了承下さい。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
1540位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
マーケティング・経営
389位
アクセスランキングを見る>>
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ